実績25年だから安心して学べる!日本の第一線で活躍するNLPトレーナーも輩出! VOICE NLP

NLP

【怒りの正体を知ってラクになろう】

以下は、過去の公式メールマガジンから抜粋したものです。(執筆はチーフディレクター・宮本が行っています)

(抜粋ここから)

本日は「怒りの正体を知ってラクになろう」 というテーマでお送りしたいと思います。

私は見た目的には結構安全キャラで、受講生さんからは「アルファルファくん」、「おまめ」、「一休さん」などと 平和で失礼な(笑)あだ名をつけていただいているのですが、実は 結構アタマに血が上りやすいところがあります(涙&反省)。

先日も下記のフェイスブックページを立ち上げたのですが、その時もキレにキレてしまいました(涙&反省)。
http://www.facebook.com/vprojc

私がトップ画面の画像やら文言やらの原案を考えたのですが、隣の席の浦上という女性スタッフに意見を求めたところ「えっ?全然意味が分からないんですど」と言われてフリークアウトしてしまったのです。
※私が原案として考えたトップ画面の文言は
「あなたの精神性を社会で体現するための会社」
でした。冷静な今になって考えてみると確かに意味が
全く分かりません(笑)。

ちょうどその後スグに米国NLP協会理事長の
クリス博士が日本にいらしたので、相談をしてみました。

(両国の中華料理屋での会話ここから)

【宮本】
クリスさん、10月から会社が立上げになるんですけど、
イレギュラーなことが多くて、その都度、イライラしながら
仕事をしちゃってます。皆様の役に立つために新しい会社を
やるハズがなんか本末転倒です(涙)。

【クリスさん】
私も昔は物凄く怒りっぽい人間でした。
でもあるとき気付いたのです。
怒りの根源は自分が創り出した「予期/期待」であると。

人はなぜ怒るかというと、自分が「予期/期待」
したことが起こらなかったときに怒るのです。

「予期/期待」が無ければ怒りを感じることがない
ということは、究極的には怒りの元は自分にあるのです。

それを理解してから、私は怒りを感じたときに
「私が予期したことは何だ?」
「他にどんな予期が出来ただろう?」
と自分に問いかけます。

昔の私もそうでしたが、人はたいてい、
その予期/期待を正当化します。
「だって、普通はそうだよな」と。

この「普通」、「一般的には」という概念が一番危ないのです。

私はNLPを学んでから「自分にとっての普通」という
概念がいかに主観的で曖昧性の高いものかに気付いたのです。

「自分にとっての普通」は「他者にとっての普通」
ではないのです。

(両国の中華料理屋での会話ここまで)

私はこの会話の後、例のフェイスブック事件(笑)
を振り返ってみました。

私には 「こんなに忙しいなか、責任者自らがフェイスブック
のこまごました事をやっているんだから、他のスタッフ
は私の原案に賛同するはずだ。例え、原案に同意してなくても、
賛同するのが礼儀である」
という「予期/期待」があったのです。

ただ、質問されたスタッフの側に立つと「どう思う?」
と聞かれたので、良いものを創るために率直に自分の意見を
述べるのは当然のことで、私は

「より良いものを創るために、浦上は私の案とは
違ったアイディアを言って来る」
という予期ができたハズでした。

「そうか、俺の予期が怒りを創っていたのか」
と納得でした。

私はこれまで 「怒りの感情を心理技法でマネジメントする」ような
ことをやってきたように思いますが、この「理解」は
たいへん自分を助けてくれています。怒りの感情を
マネージする必要性が減ったのです。

是非あなたも、怒りを感じたら
「究極的に怒りはあなたの予期/期待から作られた」
ということを「理解」したうえで、
「私が予期したことは何だ?」
「他にどんな予期が出来ただろう?」
と自分に問いかけてみて下さい(^u^)

一緒に平穏な毎日を目指しましょう。

(抜粋ここまで)

公式メールマガジンはこちらからご登録いただけます。

講座情報

米国NLP協会認定トレーナーズトレーニング

日時:2017年4月~

NLP特別講座『メタプログラム実践講座』

日時:2017年5月開催

NLPプラクティショナー講座

日時:2017年4月~

米国NLP協会認定マスタープラクティショナー講座

日時:2018年1月~

お問い合わせはこちら

火曜~金曜
9:30~18:00

お気軽にお電話ください

VOICE NLP
}Ko^͂I`{NLP̑ďC` DVD ₢킹͂ցBCyɂǂ