実績25年だから安心して学べる!日本の第一線で活躍するNLPトレーナーも輩出! VOICE NLP

NLP

研修の質がグンと上がる!トレーニングにおけるNLPの活用

山田尚子(やまだ・ひさこ)さん

★Voice主催・米国NLP協会認定プラクティショナー&マスタープラクティショナー&トレーナーズトレーニング修了
★米国NLP協会認定トレーナー
★PHP認定上級ビジネスコーチ
★札幌を中心に企業研修やコーチングの分野で活躍。実績は、札幌市役所・北海道開発局・商工会議所・経営者協会・郵便局etc
★電話応対コンクール全国大会の優勝者・入賞者を多数指導育成

実習中にNLPトレーナーになってるイメージが浮かんできて…NLPでキャリアまで開かれたカンジですね

スタッフ
現在はNLPトレーナーとして札幌で活躍されている山田さんですが、学び始めるときから「トレーナーになろう」とお決めになっていたんですか?
山田さん
いえいえ、全然そんなことはないんです。資格認定コースの中でタイムラインワークといって、自分の未来や過去を歩く実習のときに、未来に行ったら急にトレーナーになっているイメージが浮かんできて、その時以来あれよあれよという間にトレーナーにまでなってました(笑)。そういう意味ではNLPでキャリアまで開かれたカンジですね。

NLPを学ぶことで「困った参加者」、「本題から反れた質問」という概念がなくなりました

スタッフ
確かに未来に行ってみるというあの実習は発見が凄く多いですよね。山田さんはNLPトレーナーの他に企業に対してマナー研修や、話し方研修の講師もされているということで、トレーナー/講師活動の中でどのようにNLPが役立ってきたかを教えていただけますか?
山田さん
「困った参加者」とか「本題から反れた質問」という概念がなくなったということです。NLPを学ぶ前は本題から反れた質問や話題を投げかけてくる参加者に対しては、どちらかというとネガティブな意味づけをしてしまうこともありました。それに対する私の対応は「少しでも傷を小さくしよう」というもので、なんとか早くその話を切り上げて本題に戻ろうと必死でした。
スタッフ
確かに私もワークショップ運営者として「ドキッ」とする瞬間はあります(笑)。
山田さん
ところがNLPを学ぶと「柔軟性」を徹底的に高めることができますし、「リソース」といって、全ての要素を建設的な方向に活用していくスキルを習得できるので、それまでネガティブな意味づけをしていたことを受け入れることができるようになっただけでなく、さらに学びを深めるために活用できるようになったんです。そうすると「一見脇にそれた話題が逆にその研修全体の学びを深める」ということが次々に起こりました。

受講生の可能性を信じ、待てるようになりました

スタッフ
「困った参加者」とか「本題から反れた質問」という概念がないというのは本当にラクでいいですね。他にNLPが研修の場面に役立っている例を教えていただけますか?
山田さん
「受講者さんの可能性を制限しなくなった」ことですかね。NLPを学ぶ前は、自分の意見を発表するときに時間がかかる方や、なかなか言葉が出て来ない方に対して「決断力がない」とか「能力が低いのかも知れない」と結論づけてしまうこともありました。そして、意見を発表していただくときは、なるべく他の方を指名する、ということもときにはありました。でも、NLPの優位感覚というのを学んでからは、そういった判断を一切しなくなりましたね。

※優位感覚:手にも右利き、左利きがあるように、人の五感にも「利き感覚」が存在します。目(視覚)、耳(聴覚)、体の感覚(身体感覚・嗅覚・味覚)のどれかを、私達は頻繁に使う傾向があります。

スタッフ
優位感覚とその結論づけにどんな関係があるのでしょうか?
山田さん
体の感覚(身体感覚・嗅覚・味覚)が「利き感覚」の方は、じっくり自分の中に入って物事を考えたいという傾向があるので、能力や決断力に関係なく、時間が必要な場合が多いんですよね。それが理解できてからは、待てるようになりましたね。それだけでなく、そういった感覚の持ち主が考えるのをサポートできる言語パターンもNLPで学べるので、必要な場合はその方に合った言葉をかけます。そうすると本当にスパっと答えが出てくるんです。

「自分がいかに上手く伝えるか?」より「いかに聴くか?」にフォーカスするようになりました。それによって、受講者さんとの信頼関係構築力が上がり、セミナーの質が上がりました

スタッフ
ちょっと専門用語が出てきましたが、これを使いこなすことで大きな可能性が広がるのは理解できますね。他にはどんなことにNLPが役立っていますか?
山田さん
信頼関係構築力が格段にあがったことがあげられますね。研修やセミナーの効果を高めるには、トレーナーが受講者と良い関係を築くことが大切だと思います。それが、参加者の意欲を高めることに繋がったり、安心して伸び伸び学んでいただくことに繋がるからです。
スタッフ
「受講者と良い関係を築くのが大事」というのは多くのトレーナーが耳にしたことがあると思うのですが、NLPを学ぶと、具体的にどんな変化があったんでしょうか?
山田さん
NLPを学ぶ前は、「自分がいかに上手く伝えるか」ということにフォーカスしがちだったのですが、NLPの「ラポール」という概念を学んでからは「いかに聴くか」に高い意識をおくようになりました。相手の世界観を受け入れることがいかにパワフルであうかということを何度も何度も実感させられましたからね。

「心を込めて」という抽象的な概念を行動レベルに落としこめるは目からウロコ

スタッフ
「いかに聴くか」に意識をおくことで具体的にどんな変化があったのでしょうか?
山田さん
NLPでは「“心を込めて”聴きましょう」とか「“愛”のまなざしで聴きましょう」という抽象的な概念ではなく「じゃあ、心をこめて聴いていると相手が感じるには、具体的に行動レベルで何をしたら良いか?」を学べるので、自分の振る舞いが変わっていきましたね。私はNLPを学ぶ前にコーチングもやってきたので、重なる部分もありましたが、そういったことを学ばれたことがない方にとっては目からウロコだと思います。
スタッフ
たしかにNLPでは“心を込めて”とか“愛”とかっていう抽象的な部分を「じゃあ何をすれば良いの?」という行動レベルに落としこめるのが魅力ですよね。その結果、「講師がキチンと話を聴いてくれている」と伝われば発表した受講者は満足して意欲が高まりますもんね。
山田さん
そうですね。さらに、そのやりとりというのは受講者全員が見ていて「ああ、この講師は参加者の発言に耳を傾けてくれるんだ。ここは安全な学びの場なんだ」と思っていただけるので、研修の質がグンと上がります。
スタッフ
「困った質問への考え方」や「受講者の可能性を見ること」、「学びの質を上げるための信頼関係構築」などトレーニングの色んな場面にNLPを使われて、効果を上げていらっしゃるんですね。それでは最後に「これからNLPを学んでみよう」という方にメッセージをお願いします。
山田さん
NLPを学んでみよう、と心が動いているのでしたら、その気持ちに応えてみることをお勧めします。NLPはあなたに金の斧と銀の斧をプレゼントしてくれますよ。金の斧は「他者と良い関係を築くヒント」で、銀の斧は「自分自身と良い関係を築くヒント」です。この2つの斧を手にしたご自分を想像してみてください。ワクワクしてきませんか?

「NLPを学びたいけど、東京は遠い!」という北海道の方は
こちらで山田さんの研修が受けられます

キャリアバンク 札幌スキルアップセンター

TEL  011-252-5740

講座情報

米国NLP協会認定トレーナーズトレーニング

日時:2017年4月~

NLP特別講座『メタプログラム実践講座』

日時:2017年5月開催

NLPプラクティショナー講座

日時:2017年4月~

米国NLP協会認定マスタープラクティショナー講座

日時:2018年1月~

お問い合わせはこちら

火曜~金曜
9:30~18:00

お気軽にお電話ください

VOICE NLP
}Ko^͂I`{NLP̑ďC` DVD ₢킹͂ցBCyɂǂ