実績25年だから安心して学べる!日本の第一線で活躍するNLPトレーナーも輩出! VOICE NLP

NLP

社長からオーナーに! “お水の花道”と“経営”とNLP

相馬幸江(そうま・ゆきえ)さん

★「VERTEX」オーナー
★米国NLP協会認定準トレーナー
★16才のとき“大嫌いな”家業の飲み屋をやさんを継ぐことに。3年かけて大繁盛店にして、26歳で新店をオープン。「10年経営したらやめよう」と思っていたら7年目にNLPと出会い、夢は膨らむばかり☆

※担当ヴォイススタッフより:夜のお店経営の傍らでスピリチュアルな学びも探求する不思議で素敵な方です(笑)

マネジメントのために学び始めたんですけど、結局自分と向きあうことに。
講座の度に毎週泣いてました(笑)

スタッフ
相馬さんがNLPを学び始めたきっかけを教えてください。
相馬さん
初めは、経営しているお店のマネージメントのために受講しました。でも、結局自分と向き合うことになってしまって、講座の度に泣いていました(笑)。今では、NLPのおかげで、自分らしく自然に無理をしない生き方ができるようになったと感じています。
スタッフ
NLPを学んで一番ここが変わった、という点を教えてください。

「私がいないと店は」成り立たない」という根強い信念が変わったことで、社長業からオーナー業に転身できました

今は旅行とセミナー三昧
(写真はつい最近行ったグアム)

相馬さん
社長業からオーナー業に転身できたことですね。もともと「私がいなくても、きちんとまわるお店にしたい」と思って色々チャレンジしていたのですが、なかなか上手くいくきませんでした。原因が分からなくて困っていたのですが、NLPの「ビリーフ(信念)」というワークを行ったときに、自分には「私がいないと店は成り立たない」という根強い信念があることに気付きました。もとを辿ってみると、18歳でお店を任されたときから、周囲からもそういう言葉を言われてきたので、そういう思いが強化されてきたのだと思います。
その信念に気付かないまま、やみくもに頑張っていたので、若いときに成果を出すモチベーションにはなりましたが「オーナーになって、人にお店を任せる」という目標には障害となりました。
スタッフ
案外、心の底にある信念に気付きながら生きている方は少ないかも知れないですよね。

結局、内側を変えていった方が速いですね

相馬さん
そうですね。私の場合、それに気付けただけで大きかったですが、NLPには信念を書き換えるためのワークがたくさんあるので、それで自分の考えが完全に変わりました。そうすると、面白いことに最近「ゴルフ選手にNLPを使ったメンタルトレーニングをしないか?」というような、別の仕事の依頼も来ていて、外側で起こることが変わり始めています。今までは「どうやって、スタッフを育てるか」とか外側のことに意識を注いでいましたが、結局、内側を変えていった方が速いですね。

信念を書き換えると優秀な子しか求人に応募してこなくなった!

スタッフ
他にビリーフが書き換わったことで、変化したことはありますか?
相馬さん
求人にしてもそうですね。NLPを学ぶ前は無意識的に「ウチは給料そんなに払えないから、まあ、普通の女の子しか来ないかなー」とか「きっとこのクラスのお店だと、あんまり優秀な子は来ないかもなー」なんていうビリーフを持っていましたので、不思議と長続きしない女の子が立て続けに来たり、そもそも応募が来なかったり、ということが起こっていました。けど、ビリーフを書き換えることで、その状況が変わりました。それは、来る人も変わったのだと思いますが、一番は私の女の子に対する見方が変わって、みんなが優秀に見えるようになったんです。

「自分がなぜ上手くいったか」が仕組みとして伝えれるようになったのが大きいですね

スタッフ
それも内側が変わると外側が変わるという、パワフルな例ですね。今度は、マネージメントや社員教育にNLPをどう役立っているかを教えてください。
相馬さん
一番大きいのは、自分がやってきたことをシステムというか仕組みとして教えれることですね。NLPを学ぶ前は「私はこうやって出来たんだから、あなたたちも私と同じようにやってよ!」というスタンスだったのですが、相手からすると漠然とし過ぎて、何をどうしたら良いかなんて分かりませんよね。それが、NLPを学ぶことで「自分がなぜ上手くいったか」の説明がつくようになったので、スタッフも理解してくれて成果が上がっています。
スタッフ
普通の人がハイパフォーマーになる方法を研究したNLPの真骨頂というカンジですね。その他の具体的な例を教えてください。

スタッフの本音を引き出して成果を出させてあげることも以前より簡単に

相馬さん
NLPを使って、スタッフの本音を引き出すのが、より早く確実になりました。この仕事は、スタッフの精神状態が売り上げに直結します。そこをきっちりマネジメントしていくうえで、「スタッフが本音で私とコミュニケーションしてくれる」ということが必要だと思っています。NLPを学ぶ前も長年の経験や直感で「この子が本音でしゃべっているかどうか」は高い確率で見極めることができましたが、NLPを学ぶとその課程がよりシステマチックになるので、ラクですね。

NLPの考え方のおかげで、ネガティブな声にも耳を傾けれるように

スタッフ
本音というと、ネガティブなことも言われたりするんですか?
相馬さん
そうですね。私自身、スタッフが本音を語り出すとネガティブなことがたくさん出てくるのは分かっていたので「そんなの聞くのイヤだし怖いから」ということで触れないようにしていたことが凄く多かったのですが(笑)、NLPで「失敗はない、フィードバックがあるだけだ」という概念を叩き込まれてからは、スタッフからの問題提起を苦言ではなく、成功のためのプロセスの一部として受け入れることができるようになりました。

「質問」の力を使うと良いことだらけ

スタッフ
相馬さんのような職種でなくても、スタッフ同士が本音でコミュニケーションしているというのは成果につながりそうですね。その問題提起に対して相馬さんはどのように対処されているのですか?
相馬さん
以前はガンガン自分の考えを押し付けていましたが(笑)、NLPを学んでいると「問題の答えはその人が持っている」という姿勢が身に付きますので、ここで「こうしなさい」とか「こうあるべき」ということは言いません。NLPで学んだ「質問」を使います。NLPでは意識のフォーカスを一瞬で変えてしまうような言葉の使い方を学べるので、私はただ、そのスタッフが建設的な方向を見れるような質問をするだけです。質問をした瞬間に明らかに表情が晴れるのが分かるときもありますし、あとになって「さっきのって、私はこう思うんです!」と言って喜んでいる場合もあります。
スタッフ
スタッフさんが自分で答えを見つけるんですね。
相馬さん
はい、それがスタッフの自信や自立にもつながりますし、私は何もやらなくて良いからラクなんですよ(笑)一人一人の問題に答えるのは限界がありますから。

仕事振りが変わらないので、指名がどんどん取れるようになる!

スタッフ
NLPでスタッフの成績アップも起きたんですよね?

Voiceと関係の深い“あの方”も来店

相馬さん
そうですね。凄く綺麗だし、話も上手なのに指名がとれなかったり、お客様に全然飲食していただけない女の子っているんです。NLPを学ぶ前は理由が分からなくて困ったんですが、これもビリーフの観点から見ていくと「私はお金と縁がない」とか「お客様に楽しんでいただいてお金をたくさん払っていただくことは悪いことだ」という強い思いを持っているんです。 こういうスタッフには私自身に効果があったビリーフチェンジのワークをいくつかやると、仕事振りは変わらないのに指名が取れるようになりました。
スタッフ
スタッフの方もNLP三昧ですね(笑)。
相馬さん
はい、以前「私が使ったNLPのスキルでどれが一番良かった?」ってアンケートを取ったくらいですから(笑)。

スタッフに一番人気があったNLPのスキルは…

スタッフ
ちなみに、何のスキルが一番人気だったんですか?
相馬さん
アンカリングといって、気持ちの管理が上手になる方法が一番人気でした。仕事のパフォーマンスに大きな影響を与えるのって、実は仕事以外のことだと思うんです。例えば「彼氏との○○が」とかそういうプライベートなことです。だから、プライベートを引きずって仕事に入ってほしくない、というのがあって、だからといって「仕事モードになりなさい!」って強く言っても効果はないんですよね。本人だって、そうなろうと頑張っていますし。そこで、このスキルを使うと簡単にモードが切り替わっちゃうんです。気持ちで気持ちを切り替える必要がなくなるのが魅力みたいです。

お客様に「より本質的なもの」を提供できるように

スタッフ
お客さんとの関わりの中でNLPはどう役立っていますか?
相馬さん
安心・安全と感じていただけるコミュニケーションができるようになって、売り上げにも繋がっている面はありますが、それよりも「本質的なもの」を提供できるようになったのが大きいです。お酒を飲んで楽しんでいただき、ストレス解消していただくのはもちろん素敵なことですが、やっぱりお酒で感覚を麻痺させるだけじゃ本質的な解決になっていない気がするんですよね。NLPを学ぶ前は「会社でこんな悩みがさ…」という話を持ちかけられても、「パーッとやりましょう」というカンジでしたが、NLPを学ぶことでもっと本質的なお手伝いができるようになったと感じています。
スタッフ
具体的にはどのようなことができるようになったんですか?
相馬さん
NLPの前提では「自分が答えを持っている」という考え方がありますので、私から「~すればいいんじゃないですか」というアドバイスみたいなことはしません。NLPで相手が気持ち良く話せる聞き方や、効果的な質問のスキルを学んだので、ただ聞いて、質問するだけです。そうすると、相手はドンドン自分の深い部分まで掘り下げて勝手に答えを見つけるんです。

「あそこに行けば問題を解決できる」と思ってお客さまがリピートしてくれるように

スタッフ
もうセラピーとかカウンセリングの域ですね(笑)
相馬さん
そうですね。だから、以前のような頑張り方をしなくても「あそこに行けば問題を解決できる」と思ってお客さまがリピートしてくださいました。それまでは仕事前に「よし!今日も最高のパフォーマンスを発揮するぞ。絶対お客様を私のファンにさせる!」という意気込みで仕事に臨んでいましたが、NLPを学んでからはまず、相手に合わせることで、寄り添い短時間で望みをいち早くキャッチして、リードしていくことができるようになりました。。そうやってお客様と関わる中で「楽しかった」と言っていただけたり、喜んでもらえるのがやりがいです。一緒に未来を創っている感覚ですね。お客様にとって、仕事でもなくプライベートでもない第3の場所になったら嬉しいなと思っています。10年振りに来店くださったり、1年に一度だけ来店して下さったりする方もいらしゃって、そういう方が「ただいま~」と言って入って来れるお店でありたいです。そのためには、この日立という場所で、これからも長く続けたいなと思っています。

相馬幸江さんのお店
~マインドヒーリングSNACK★~

VERTEX~ベルテックス~

茨城県日立市鹿島町1-14-1

講座情報

米国NLP協会認定トレーナーズトレーニング

日時:2017年4月~

NLP特別講座『メタプログラム実践講座』

日時:2017年5月開催

NLPプラクティショナー講座

日時:2017年4月~

米国NLP協会認定マスタープラクティショナー講座

日時:2018年1月~

お問い合わせはこちら

火曜~金曜
9:30~18:00

お気軽にお電話ください

VOICE NLP
}Ko^͂I`{NLP̑ďC` DVD ₢킹͂ցBCyɂǂ