実績25年だから安心して学べる!日本の第一線で活躍するNLPトレーナーも輩出! VOICE NLP

NLP

この14日間は、「人はどのようにして学ぶのか」そして、「人は学ばずにはいられない生き物である」ということに気付いていくプロセスだと思います!

山田尚子(やまだ・ひさこ)さん

★Voice主催・米国NLP協会認定プラクティショナー&マスタープラクティショナー&トレーナーズトレーニング修了
★米国NLP協会認定トレーナー
★PHP認定上級ビジネスコーチ
★札幌を中心に企業研修やコーチングの分野で活躍。実績は、札幌市役所・北海道開発局・商工会議所・経営者協会・郵便局etc
★電話応対コンクール全国大会の優勝者・入賞者を多数指導育成

スタッフ
トレーナーズトレーニングを受講されたきっかけを教えてください。
山田さん
私が研修を請け負っているキャリアバンク職業訓練協会というところから「もし、山田さんが資格を取得されるのであれば、NLPコースをうちで提供したい」というオファーをいただいたことがきっかけです。それだけNLPが注目されてるんだなあと感じましたね。
それと、プラクティショナーコースのタイムラインの実習中に、NLPトレーナーになっているヴィジョンが見えてしまって、あれよあれよという間にトレーナーになっていた、というのもあります(笑)
スタッフ
印象に残った学びについて教えてください。
山田さん
コース中はとにかく「混乱」の連続でした。「この実習がトレーナーのスキルを高めることと一体何の関係があるのだろう?」と感じることが多くて、他の受講者さんの多くもきっとそうだったと思います。
ところが、コース終盤にはプレゼンテーションスキルが飛躍的に上がっていたり、コースが終わってからも色んな変化が起き続けました。このことを通して私が手に入れたのは「どんな状況においても人は学ぶ、進歩する」というフレームで、これはNLPに関係なく私のトレーニングを大きく支えるリソースになっています。
ですから「トレーニングをコントロールしよう」という気持ちを手放すことができ、「どうやったって人は学ぶんだから大丈夫」という視点からトレーニングに臨めています。
その結果として、私の受講者さんは伸び伸びと学習できるようになっていると思います。実際、「山田さんほど屈託のない先生は見たことない」とか頻繁に言われるようになりました(笑)
こういうことは頭で分かっているだけだと実践するのが難しいと思いますが、トレーナーズトレーニングで体に刻み込まれているからこそ実践できるのだと思います。ビリーフレベルでそう思っている必要があるのかもしれませんね。
スタッフ
具体的な“教え方のスキル”などにはどんな影響がありましたか?
山田さん
ワークショップに必ず“体験”を組み込むようになりました。
クリスさんは「ひとは体験からしか学べない」とよくおっしゃっていて、その意味が今では深く理解でき、非常に役立っています。
クリスさんのワーク構造は「体験によって感覚を得る」ことと「理論による理解」のバランスが絶妙で“ワークに体験を組み込むことの重要性”や“実習というものがトレーニングでどのような機能を果たすか”を学ぶことができました。
ですから今では「受講者さんに実習をただ行っていただく」のではなく、意図を設定した実習が組めるようになりました。
スタッフ
確かにクリスさんのワークショップでは「人の学習にとって体験がいかに重要か」を徹底的に経験できますよね。
山田さん
そうですね、私が面白いなと感じたのは“体験”というものは実習だけでなく、それ以外の方法でも提供できて、その具体的な方法が学べたことです。
そのひとつがストーリーテリング(物語を語る)だったのですが、これの見方が180度変わりましたね。
スタッフ
使いこなしていくと、ストーリーテリングは実習と同じくらいパワフルなツールですよね。
山田さん
ストーリーテリングというと、「立派な話や、昔話とかを話さなければいけない」と思ってしまっていたのですが、クリスさんが話されるストーリーというのはほとんど全てが「自分の身に起こった話」でした。
それにみんなが引き込まれて、しかも学習の加速に繋がっているのを体験して、ストーリーテリングのコツが掴めました。ワークショップで頻繁に活用しています。
スタッフ
クリスさんの“あり方”から学びを得たという御感想を多く頂きますが、山田さんの場合はいかがですか?
山田さん
○とか×という概念が全くなくて、すべての人、状況を受け入れて学びに繋げていく点に感銘を受けました。私の場合、あのあり方に触れることで、「自分のフレーム」という概念を取っ払ってトレーニングに臨めるようになりました。そのことで状況に柔軟な対応ができ、「困った参加者」とか「本題から逸れた質問」という概念もなくなりましたね。受講者さんからも「全部手放してる感じがしたので、こちらも伸び伸び学べた」というフィードバックが多くなりました。
スタッフ
NLPトレーナーとしてのビジネス的な側面についてもお訊きしたいのですが。
山田さん
私の場合、企業から研修を請け負うことも多いのですが、ここ2年くらいは不況の影響もあってか、依頼が半分近くに落ち込んだときもありました。けれど、そんなときに一般向けのNLP講座の依頼が増えたので、ビジネス的な柱がもう1本あって本当によかったな、と感じています。
それと、私はコーチングも行っていますが、NLPを使ってその手法がガラっと変わったことで差別化になりましたし、「米国NLP協会認定トレーナーが行うコーチング」ということで、これも強みになっていると思います。
スタッフ
山田さんから、このコースを受講される方へのメッセージをお願いします。
山田さん
このコースは、「NLPの教え方」を具体的に習うというコースではありません。前期・後期の計14日間は、「人はどのようにして学ぶのか」そして、「人は学ばずにはいられない生き物である」ということに気付いていくプロセスです。トレーナーを目指す方にも、そうでない方にも、ぜひこのプロセスを体験していただきたいと思います。
★米国NLP協会認定トレーナーズトレーニングの詳細はこちらです。

「NLPを学びたいけど、東京は遠い!」という北海道の方は
こちらで山田さんの研修が受けられます

キャリアバンク 札幌スキルアップセンター

TEL  011-252-5740

講座情報

米国NLP協会認定トレーナーズトレーニング

日時:2017年4月~

NLP特別講座『メタプログラム実践講座』

日時:2017年5月開催

NLPプラクティショナー講座

日時:2017年4月~

米国NLP協会認定マスタープラクティショナー講座

日時:2018年1月~

お問い合わせはこちら

火曜~金曜
9:30~18:00

お気軽にお電話ください

VOICE NLP
}Ko^͂I`{NLP̑ďC` DVD ₢킹͂ցBCyɂǂ